原神 Wiki
Advertisement
原神 Wiki
4,490
ページ
Icon Emoji 026 Qiqi Secretly observing.png
この記事はあなたの編集を待っています!!
編集 ボタンをクリックして、知っていることを追加しましょう!

げんしん (中国語: 原神 Yuánshén)は、中国のゲーム会社miHoYoによって開発および運営される無料のアクションRPGオンラインゲームである。このゲームは、ファンタジーのオープンワールド環境と、元素魔法を用いたアクションベースの戦闘システムを特徴としており、キャラクターの切り替えや、新しいキャラクターや武器などを獲得するためのガチャのマネタイズシステムを採用している。本作は、インターネット接続環境下でのみプレイ可能で、全世界で最大4人まで参加できる限定的なマルチプレイモードを搭載している。

リリース
2020年9月28日に、PC、iOS/Android、PlayStation4向けに全世界で発売されました。
2020年11月11日には、PlayStation 4とのクロスセーブに対応したPlayStation 5版がリリースされました。
2021年6月9日には、Epic Games Storeで2つ目のPC版がリリースされました。
Nintendo Switchでの発売も予定されている。

ゲームプレイ[]

プレイヤーは、40人以上のキャラクターと様々なポイントがマップ上に散らばっている、テイワットと呼ばれる広大なファンタジー世界を探索する。本作の特徴は、4人の個性的なキャラクターをチームに入れ替えて、素早くコンボ攻撃を繰り出すアクション戦闘のプレイスタイル。シングルプレイが中心ですが、特定のアクティビティではマルチプレイが利用できる。

プレイヤーは、マップ上に点在する寺院のような秘境の中に入り、課題をクリアすることで、1回限りの報酬や進行に必要な素材を手に入れることができる。深境螺旋では、さまざまなフロアで戦闘が行われ、後半のフロアでは毎月1日と16日に報酬がリセットされる。

各キャラクターは、元素スキル元素爆発という2つのユニークな戦闘スキルを持っている。元素スキルは使用直後のクールダウンを除いていつでも使用できるが、元素爆発はエネルギーを消費するため、十分なエネルギーを蓄える必要がある。

キャラクターは7つの自然元素)のうちの1つをコントロールする。これらの元素を元素反応で組み合わせることで、敵を素早く倒すことができる。

調理錬金術は、『原神』のゲーム性を大きく左右する要素のひとつ。プレイヤーは冒険の中で多くの資源を集めますが、その資源の一部は料理によって料理に、クラフトによって薬剤や育成素材に変えることができる。料理には、体力の回復、攻撃力や防御力の向上、スタミナの消費量の減少などの効果があり、薬剤には、その元素に対する耐性やダメージの増加などの効果がある。

ゲームを進めていくと、「塵歌壺」と呼ばれるハウジングシステムが解放され、プレイヤーは調度品を作成して王国のレイアウトに配置し、報酬やレベルアップ素材を入手することができる。

また、釣りシステムでは、釣った魚を塵歌壺に飾ったり、各国の釣り協会で交換して報酬を得たり、魚肉に加工して料理の材料にしたりすることができる。

ストーリー[]

設定[]

「原神」の物語は、テイワットの世界があり、モンド璃月稲妻スメールフォンテーヌナタスネージナヤという七つの主要な国家が存在する。これらの国は、七神と呼ばれる神々のグループの一部である魔神と呼ばれる神々によって統治されている。それぞれの神はテイワットの7つの元素のうちの1つと関連しており、その国の景観や文化にも反映されている。例えば、モンドは風の神であるバルバトスが統治しているため、風の元素はその国の人々にとって重要なシンボルとして知られている。七つの国とは別に、神々の権威から独立して生きているカーンルイアという国があった。

ストーリー[]

異なる世界を行き来する双子の "星の旅人 "が、テイワットという世界にたどり着き、カーンルイアという国の滅亡を目撃する。混乱から逃れようとした双子の行く手を阻み、2人を引き離す。1人を捕らえ、もう1人の力を封じ込める。封印された双子(旅人と呼ばれる)は500年後に目覚め、仲間となるパイモンと出会う。

キャラ[]

参照ページ[]

メディア[]

ナビゲーション[]

Advertisement